ストレートネックとVDT症候群

VDT症候群という言葉を聞いたことがあるでしょうか?この症状は、パソコンやスマートフォン、携帯などの画面を長時間見続けることから起こります。

 

ここでは、VDT症候群とストレートネックとの関係についてお話しましょう。

 

VDT症候群とは

 

VDT症候群とは、英語のVisual Display Terminalを略した名称です。またの名をテクノストレス眼症といい、パソコンなどの画面を頻繁に見ているような人は要注意です。

 

主な症状としては、眼と首や肩、精神に現れやすいものがあります。ドライアイ、眼精疲労、眼がかすむ、視力が落ちるなどが典型的な症状です。首の痛みや肩のこり、手がしびれる、腰痛など、幅広い範囲の痛みが起こりやすいのも特徴。精神的には、不眠やイライラ、不安感などを感じやすくなるとされています。

 

厚生労働省からもガイドラインが出ている症状ですから、心当たりがある人は改善を心がけるようにしましょう。

 

VDT症候群による影響

 

ストレートネックの原因の一つに、VDT症候群があります。前兆として、あるいは同時に現れる症状として、VDT症候群とストレートネックは密接した関係にあるのです。

 

ストレートネックも、継続的に前傾姿勢をとることによって症状が出始めます。VDT症候群を起こすパソコン画面を長時間見続けるような行為が症状の引き金となるので、目が疲れやすくなったと感じたときにもストレートネックが起きていないか気をつけてみたほうがいいでしょう。

 

他にも、VDT症候群によって隠れ斜視が起こるようなこともあります。病気ではないといっても、視力の低下などを招く不自由な状態ですから、改善していくほうが他の病気などを招くことを避けられます。