ストレートネックでしびれがある場合

ストレートネックの状態になっているとわかると、整形外科では他の病気にかかっていないかを調べることにもなります。

 

ストレートネックから自律神経失調症などに進行してしまうケースもありますが、それよりも深刻なのは頚椎椎間板ヘルニアなどの病気ではないかという疑いも出てくるからです。特に、体にしびれの症状が出ている場合には、要注意です。

 

神経の圧迫によるしびれ

 

首が痛い、こるという状態が続いているのは頚椎が圧迫されて神経障害が起こっている証拠です。これがしびれになって現れる場合もあり、神経が麻痺するほどのしびれを感じたら早めに整形外科に行くことをおすすめします。

 

整形外科ではストレートネックが原因のしびれなのか、頚椎椎間板ヘルニアなどが原因のしびれなのかを切り分けますが、実はストレートネックによる神経の圧迫から頚椎椎間板ヘルニアに至ることもあるようです。

 

頚椎椎間板ヘルニアとは

 

首が動かしにくい、しびれを感じる、肩や腕が痛い、脱力感があるなどの症状が、頚椎椎間板ヘルニアからきていることがあります。

 

頚椎椎間板ヘルニアは、重度になると両手だけでなく下半身にまで影響がおよぶ可能性があります。
歩行障害を起こしたり、尿失禁、物をつかめなくなるなどの症状に至ることもありますから、深刻です。
ストレートネックと同じように、頭痛やめまい、吐き気の症状が出ることもあります。

 

治療が困難な状態になる前に整形外科に行くことをおすすめしますが、それと共にストレートネックの改善に努めることも大事です。

 

単なる肩こりや首のこりだと思って放っているうちに、歩きにくくなってしまうようなことがないよう気をつけてください。