ストレートネックを悪化させる首鳴らし

誰もが出来ることではありませんが、疲れたときなどに首をポキポキ鳴らす人を見かけることがありませんか?

 

男性に多いクセですが、最近では女性でも人目をはばからずにポキポキやり始める人がいます。これは、周囲に失礼というようなことではなく、ストレートネックを悪化させてしまうため避けたほうがいい行為です。

 

首を鳴らすとスッキリする?

 

首を鳴らすくらい自由にさせてくれ、と思うかもしれません。音を出すくらい大したことではないとも思うかもしれませんが、実は非常に危険な行為なのです。首に限ったことではありませんが、関節を鳴らすというのは靭帯をゆるめることにつながります。

 

靭帯がゆるむということは、つまり首を支えにくくなるということです。これは、ストレートネックのような支える力に負担がかかっている状態には良くないこと。

 

さらには、変形性頚椎症のような合併症を招いてしまいかねません。ついつい鳴らしてしまうという人は、なるべく意識してやめるようにしましょう。

 

鳴るから鳴らしてしまう

 

首を鳴らすクセ、指をパッチンと鳴らすクセなどは、音が出るからクセになってしまうということもあります。そもそもは、関節の音は鳴らないようにできているもの。これが鳴るのを得意がるのは、間違っていると認識しましょう。

 

鳴らすとスッキリすると思っていることも、我慢して鳴らさないようにしていると、2週間もすれば音が鳴りにくくなってきます。そのクセをつけることで、ストレートネックを悪化させないように気をつけてください。