ストレートネックの治療法

ストレートネックの治療法の一つに、薬物療法があります。他にも保存療法や装具による治療もありますが、症状が悪化している場合には薬物療法がとられることが多いのです。ここでは、どんな薬物療法がストレートネックの治療に行われているのかをお話しましょう。

 

痛みや炎症の抑制

 

薬物療法で出来る対処は、ストレートネックによって起こる痛みや炎症の抑制です。今ある痛みを緩和させることはできますが、残念ながら根本的なストレートネックの改善には至らないのが特徴です。

 

使われる薬は非ステロイド性消炎鎮痛剤などが代表的ですが、あまり頻繁に使っていると耐性がついてしまう可能性もあります。

 

薬で何とかできるからと安心せず、生活習慣の改善などで根本的な対策をすることも忘れないようにしましょう。

 

ストレートネックに用いられる薬剤

 

ストレートネックの痛みや炎症を抑えることができる薬は、痛みや炎症のもととなるプロスタグランジンを生成させないようにしてくれる非ステロイド性消炎鎮痛剤が多いです。

 

この成分として代表的なのが、インドメタシンという成分。ステロイド剤も効果的なのですが、ステロイドに抵抗がある人は非ステロイド系の薬を用いるようにするとよいでしょう。

 

いずれも市販薬として、塗るタイプや貼るタイプがドラッグストアで簡単に手に入ります。例えば、バンテリンやアンメルツ、サロメチールなどにも、イントメタシンが配合されています。以前から使ってきたという方は、インドメタシンの効果を実感していたかもしれませんね。