ストレートネックから起こる症状

ストレートネックの症状は、首や肩がこるというだけではありません。また、症状が起こる人は男女ともに変わりなく、最近では子供や若い人にも増えてきているという傾向が見られています。

 

全体の30%近くもの人がストレートネックの症状を発しているというデータもあるくらいですから、これからお話する症状を慢性的に感じている人は気をつけてください。

 

首や肩の症状

 

現代人の多くは毎日忙しく、ちょっとした疲労感など当たり前のことと見過ごしがちです。誰もが感じているような疲労を大袈裟に訴えれば、周囲からうっとうしがられると我慢してしまっている人も多いでしょう。

 

しかし、健康な体の状態は何の痛みもないはず。首や肩のちょっとした痛みも、本来の自然な状態とはいえません。痛いという感じではなくても、首を動かしにくい、寝違いのよく起こるなどもストレートネックが原因となっているかもしれません。

 

その他の症状

 

首や肩がこるということは、血行が不良になることにもつながります。血液は酸素や栄養を全身に運んでいるため、体のどこかで流れが滞ると様々な体調不良をもたらす可能性があります。ストレートネックを原因とする首や肩のこりが高じて、頭痛やめまい、吐き気を起こす人もいます。

 

中には手にしびれを感じるという人もいて、それがストレートネックを原因としているのか他の病気や怪我を原因としているのかの切り分けをまずハッキリさせる必要があるでしょう。

 

こうした症状が続くことによって、自律神経が乱れてうつのような症状に至るケースも多くなってきています。うつは精神的なストレスだけでなく、首の問題から起こることもあると知っておくと、心身の不調に敏感に対処できるようになりますよ。